熱中症にならないように気を付けています

私は毎年、梅雨が明けて猛暑が続いた8月上旬頃になると、体調を崩してしまいます。 熱中症のような症状になるのですが、その原因は睡眠不足と、水分不足にあるようです。 そのため、今年は特にこの2つが不足しないように気を付けています。 十分な睡眠を摂ることで、起きた時に疲労感はほとんどありません。 水分補給は外出時には必ず飲み物を持って出かけています。 熱中症の症状が起きる時は水分不足を感じていると気が多いので、この点も特に気を付けています。 冷房の効いた部屋にいても水分補給は欠かせません。 どんな場所に居ても、身体から水分が蒸発しているようで、水分補給をしても飲み過ぎたという状態にはなりません。 この暑さはこの時期だけなので、この暑さを嫌がらずに楽しめていければ良いと思います。 昨年までは夏の間はシャワーだけで済ませていました。 しかし、今年は熱い湯船の浸かるようにしています。 寒い時期のように長風呂はできませんが、それでも湯船に浸かることで心身の疲れが取れます。 私は毎日ウォーキングやジョギングをしていますが、夏は特に汗びっしょりです。 そのため、早朝のウォーキングやジョギングをすると、そこで着替えなければいけなくなってしまい、1日2回、着替えをしなければなりません。 その分、洗濯ものが増えてしまいます。 その理由もあり、今は日が沈む頃から外でウォーキングやジョギングを行うようにしています。 また、買い物のこの時間にしていますが、夏は他の季節よりもお客の数が多いような気がします。 やはり、昼間の暑い時間を避け、日が沈んでから買い物をしようという人が結構いるのだと思います。 夏は夜の時間に外出しても、他の季節とは違う感じがします。 それは夏祭りやお盆など、イベントが多く、夜も出かけることが多いからかもしれません。 昼間の暑い時間帯に屋外で活動するのは、健康の面でも十分に注意しなければなりません。 昼間の外出は余計に体力を使ってしまいそうです。 なので、夜でもできることであれば、できるだけ疲労しない時間帯に変えたほうが良いと思いました。 真夏は気候の影響で、何かと行動に制限が生じてしまいます。 それでも真冬に比べれば、まだマシなような気がします。 それでもその季節にしかできないこともいろいろあるので、そういう面に目を向けて生活していけば、もっと毎日を楽しく過ごせると思います。 これからも体調管理に十分に気を付けて、まだまだ暑い毎日を楽しく過ごしていきたいと思っています。